大阪での不動産担保ローンにおける保証人とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で不動産担保ローンを組む場合、保証人をつける場合もありますが、保証人とはどのような役割を果たすのか分からないという人もいるでしょう。まず、保証人について知っておきましょう。
保証人には単なる保証人と連帯保証人があります。ともに債務者が返済できない場合、代理として返済の義務を負うという部分は共通していますが、いくつかの違いがあります。まず、債権者が返済を要求してきた場合、保証人は債務者に対して返済請求をするように弁じ立てることができますが、連帯保証人はできません。
次に、債務者が資金やそれに代わるものを持っているにも関わらず返済拒否をした場合、保証人はそれを理由に同じく支払いを拒否できますが、連帯保証人にはダイレクトに支払いの義務が生じます。最後に保証人が数人いる場合は、保証人は返済金額をその頭数で割った金額のみを支払えば済みますが、連帯保証人には人数の頭数に関わらず、全額の支払い義務が生じます。

不動産担保ローンで保証人なしの意味

銀行において不動産担保ローンを申し込むと、保証人は原則として不要ですが、その代わりに保証会社の保証を受けなければならないことがあります。これは信用保証協会の保証に加入することで、保証人の代行をしてくれるものであり、形を変えた保証人ともいえるものです。
しかし、不動産担保ローンの中には、保証会社による保証も不要のものがあります。この中での保証人なしという意味は、第三者保証人を立てる必要がないということです。第三者保証人とは、本人や法人の経営者以外の家族・親族・友人などを指します。これらの第三者保証人が不要ならば、一体、誰が弁済の責任を負うのでしょうか。もちろん、本人あるいは法人が全責任を負うことになります。つまり、保証人なしの意味は、万一弁済ができなくなった場合には、その全責任を本人または法人の経営者が負うということになるのです。

保証人なしのメリット

保証人なしには大きなメリットがあります。まず、大阪で不動産担保ローンを組み、家族や友人を保証人として立てた場合、借入金を弁済できなくなると、その保証人に弁済の義務が生じることになります。さらに、連帯保証人の場合には、家族や友人が多額の借金を背負うことになり、大きな迷惑をかけることにもなりかねません。しかし、保証人なしであれば、その義務は生じず、返済できなくなったとしても、本人あるいは経営者のみに責任は限定されます。
もし、返済不能になった時には、本人あるいは経営者が借金のすべてを背負うことになります。例えば、不動産事業を行っていれば、その事業を再建して返済をすることになります。しかし、借入金の額が大きすぎて返済が不可能な時は、担保を債権者が売却して、その返済に充てられます。
保証人不要ということは、他人に迷惑をかけることなくすべての責任を自分で取ることです。そのために担保を入れるわけですから、当然のことと言えば当然と言えるでしょう。