大阪での不動産担保ローンにおける保証人とは何か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で不動産担保ローンを組む場合、保証人をつける場合もありますが、保証人とはどのような役割を果たすのか分からないという人もいるでしょう。まず、保証人について知っておきましょう。
保証人には単なる保証人と連帯保証人があります。ともに債務者が返済できない場合、代理として返済の義務を負うという部分は共通していますが、いくつかの違いがあります。まず、債権者が返済を要求してきた場合、保証人は債務者に対して返済請求をするように弁じ立てることができますが、連帯保証人はできません。
次に、債務者が資金やそれに代わるものを持っているにも関わらず返済拒否をした場合、保証人はそれを理由に同じく支払いを拒否できますが、連帯保証人にはダイレクトに支払いの義務が生じます。最後に保証人が数人いる場合は、保証人は返済金額をその頭数で割った金額のみを支払えば済みますが、連帯保証人には人数の頭数に関わらず、全額の支払い義務が生じます。

不動産担保ローンで保証人なしの意味

銀行において不動産担保ローンを申し込むと、保証人は原則として不要ですが、その代わりに保証会社の保証を受けなければならないことがあります。これは信用保証協会の保証に加入することで、保証人の代行をしてくれるものであり、形を変えた保証人ともいえるものです。
しかし、不動産担保ローンの中には、保証会社による保証も不要のものがあります。この中での保証人なしという意味は、第三者保証人を立てる必要がないということです。第三者保証人とは、本人や法人の経営者以外の家族・親族・友人などを指します。これらの第三者保証人が不要ならば、一体、誰が弁済の責任を負うのでしょうか。もちろん、本人あるいは法人が全責任を負うことになります。つまり、保証人なしの意味は、万一弁済ができなくなった場合には、その全責任を本人または法人の経営者が負うということになるのです。

保証人なしのメリット

保証人なしには大きなメリットがあります。まず、大阪で不動産担保ローンを組み、家族や友人を保証人として立てた場合、借入金を弁済できなくなると、その保証人に弁済の義務が生じることになります。さらに、連帯保証人の場合には、家族や友人が多額の借金を背負うことになり、大きな迷惑をかけることにもなりかねません。しかし、保証人なしであれば、その義務は生じず、返済できなくなったとしても、本人あるいは経営者のみに責任は限定されます。
もし、返済不能になった時には、本人あるいは経営者が借金のすべてを背負うことになります。例えば、不動産事業を行っていれば、その事業を再建して返済をすることになります。しかし、借入金の額が大きすぎて返済が不可能な時は、担保を債権者が売却して、その返済に充てられます。
保証人不要ということは、他人に迷惑をかけることなくすべての責任を自分で取ることです。そのために担保を入れるわけですから、当然のことと言えば当然と言えるでしょう。

大阪での不動産担保ローンの築年数と立地条件について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に担保にできる物件としては、宅地や住宅、アパート、マンション、駐車場などがあります。つまり、お金に換えることのできる価値のある不動産が担保にできます。不動産担保ローンの融資を受けようとした場合、自分の持つ不動産が担保となりうるのかどうか、あるいはどの程度の査定をされるのかは、とても気になるところでしょう。もし住宅やアパートなどが担保として認められた場合、その担保となる不動産の築年数は非常に重要になってきます。
まず、簡単に言ってしまえば、評価額が高い物件というのは、「築年数が浅くて立地の良い場所」にある物件です。ですから、例えばいくら立地の良い場所にあっても、「再建築不可物件」の場合には、金融機関によっては担保物件にならない場合もあります。あるいはたとえ新築であっても、過疎地にあるような物件の場合には、担保として認められないことも考えられます。

築年数が古くても評価が落ちない物件

築年数が新しければ新しいほど担保物件としての評価が高くなるのは当然のことですが、築年数が古くてもそれほど評価が落ちない物件もあります。
まず、立地条件が良いことが挙げられます。立地条件が良いということは、それだけ住みやすいということであり、周りの環境も整っていると言えます。住むうえでの環境はとても重要です。例として東京や大阪といった大都市にあり、住環境が整っている場所の物件と、地方の過疎地にある物件とでは評価が違ってくるのは当然のことと言えます。
次に、管理状態が良い物件です。いくら築年数が古くても、それほど傷んでおらず、きれいに使われているものであれば、築年数の古さイコール低評価とはなりません。また、リノベーションなどによって設備が新しくなっていたりする場合も、築年数がそれほど影響しなくなります。築年数が古いマンションでも、中には定期的なリフォームをしているものなどがあります。これらは査定がそれほど下がりません。
大規模マンションの場合、管理費や修繕積立金の負担が大きくなっていない物件なども、あまり価値が下がらない傾向にあります。

リノベーションやリフォームによって価値の下落を防ぐ

大阪において不動産担保ローンを組む場合、その担保となる不動産の築年数は査定にかなり影響を与えます。しかし、そんな築年数の古い物件でもそれなりの評価を得ることができます。それは、リノベーションやリフォームをして設備などを新しくすることです。
ここでより望ましいのは、立地条件が良いことです。立地条件の良い場所にあり、それなりに設備が新しくなっていれば、担保としての評価もぐんと上がります。そのため、価値を上げることでより多くの融資を受けたいと考えるのならば、リノベーションをするのも一つの方法となります。ただし、リノベーションの費用も考慮に入れる必要があることは論を待ちません。

不動産担保ローンの大阪での審査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

審査はなぜ行われるのでしょうか?それは金融機関がリスクを最大限に回避しようとするからです。金融機関はお金を貸す以上、利子と共にきちんと元本を回収しようとします。仕事としてお金を貸している以上、不動産担保ローンで利益を上げなければなりません。貸したお金を確実に回収できて、それがまた次の貸し付けに繋がっていくことで回転が生まれ、お金の頻繁な移動が大きな利益を生むことになります。
しかし、ここには常に貸し倒れのリスクが存在します。貸し倒れが損失となれば、そこで回転は止まり、事業として継続できなくなってきます。そこで、そのリスクを最小限にするために審査をするのです。つまり審査とは、貸し倒れのリスクを回避しつつ、事業資金を回転させて利益を生むための最低限の手段と言えます。

大阪の不動産担保ローンでは何が審査されるのか

審査ではまず、提出された不動産の担保価値について審査されます。担保価値とは簡単に言えば、いくらで売れるかということです。もし、支払いが滞って担保を売却した場合どれくらい回収できるのかによって、融資が可能なのか、また融資できる金額はいくらなのかが決まってくるのです。つまり、不動産の価値が高ければそれだけ審査は通りやすくなりますし、融資金額も高くなります。逆に不動産の価値が低ければ、審査も通りづらく、融資金額も低くなるということです。
不動産担保の価値の評価ですが、この基本となるものは公示価格、基準地価、路線地価、固定資産税評価額です。これらの基準価格を元に土地の評価をするのです。中でも特に利用することが多いのが路線価です。これは相続税を決定するときに使用される土地の基準価格にもなります。なお、この路線価が使われるには理由があります。土地の評価額は評価方法によって異なり、公示価格や基準地価が実際の売買取引の基準地価に最も近いものです。そして、路線価は売買取引価格の80%程度に抑えられているため、この路線価を利用していると言えます。

人あるいは会社の信用に関する審査

担保があるからといって、誰にでも融資をしてくれるわけではありません。これは大阪に限らず日本全国どこでもそうだと言えます。例えば被成年後見人のように能力的に返済ができないと考えられるような人や、赤字経営の会社へ融資をしてくれるはずはありません。つまり、融資を受ける人や会社に社会的な信用がなければ、審査は通らないことになります。
これ以外にも個人の場合なら勤続年数、法人の場合は事業年数などが加味されます。勤続年数、あるいは事業歴が長ければ長いほど、返済能力が高いとみなされます。
完済時の年齢も考慮されます。特に長期借り入れの場合、50歳で借りて借入期間が30年として、果たして完済時の80歳まで生きているかどうかということです。あるいは生きていても収入がなくなっている場合も考えられますので、借入時の年齢も問題となります。このように様々なことが審査されるので、基礎的な知識を得ておくことが大切です。

不動産担保ローンの大阪での金利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で不動産担保ローンを利用してお金を借りる場合、やはり金利が気になるものです。多くの人が安い金利でお金を借りたいと思っていますが、現実に金利は5%から15%というように幅があり、5%で借りられるのかそれとも15%になるのかは分かりません。最低金利の5%程度で借りたいと思うのは誰でも同じですが、それではどうすれば最低金利で借りられるのか、いま一つ分かりにくい部分があります。

金利にはどうして幅があるのか

まず、大切なこととして金利には幅があるということを知っておきましょう。その上で、なぜそうなるのかを知り、その対策を練ることが重要になります。
一般的にどの金融機関でもそうですが、金利は必ず「〇%~〇%」のように表示されています。しかし、これでは自分にどの金利が適用されるのかわかりません。5%の金利と15%の金利とでは3倍の差があるのです。それではこの差はどうやって決まるのでしょうか。これは実は審査によって決まります。つまり、審査において評価が高ければ金利は安くなりますが、評価が低ければ高い金利が適用されることになります。

大阪で不動産担保ローンを低金利で借りるコツ

不動産担保ローンは、利用者が返済不能に陥った時、金融機関は担保となっている不動産を売却して融資した資金を回収することになります。たとえば、売却した場合に1,000万円の価値のある不動産を担保にして100万円を借りる場合と、100万円の価値の不動産を担保にして100万円を借りる場合では金融機関が負うリスクが違ってきます。金融機関にとってなるべくリスクが小さい方を好むのは当然のことであり、これを審査の中では「保全率」と呼びます。この保全率は融資額を担保価値で割ったもので表され、1,000万円の担保に対して100万円の融資ならば保全率は1,000%となり、100万円の担保に100万円の融資ならば100%となります。そしてこの保全率が高ければ高いほど、適用金利は低く設定されます。つまり、金利を低く抑えたければ、価値の高い担保を差し入れ、借入額を抑えます。そうすることで保全率は高くなり、金利が安くなるのです。
ローンは、信用によっても変わってきます。何度も利用してきちんとした返済をしていれば、それがすなわち信用に繋がります。そのため、ローンを利用する場合は色々な金融機関を使うのではなく、一つの会社を何度も利用する方が良いのです。このように完済実績を積むことで金利が低くなることがあります。
最後に、大きな金融機関での窓口を通してのローンより、インターネット申し込みのローンの方が低金利の場合もあります。これは大手金融機関には実店舗にかかる人件費や諸費用があり、それが目に見えないコストとなって金利に影響を与えているのです。インターネット上で完結する場合は、このコストがかからずに、店舗のある金融機関より金利が安くなるという仕組みです。