不動産担保ローンの大阪での金利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で不動産担保ローンを利用してお金を借りる場合、やはり金利が気になるものです。多くの人が安い金利でお金を借りたいと思っていますが、現実に金利は5%から15%というように幅があり、5%で借りられるのかそれとも15%になるのかは分かりません。最低金利の5%程度で借りたいと思うのは誰でも同じですが、それではどうすれば最低金利で借りられるのか、いま一つ分かりにくい部分があります。

金利にはどうして幅があるのか

まず、大切なこととして金利には幅があるということを知っておきましょう。その上で、なぜそうなるのかを知り、その対策を練ることが重要になります。
一般的にどの金融機関でもそうですが、金利は必ず「〇%~〇%」のように表示されています。しかし、これでは自分にどの金利が適用されるのかわかりません。5%の金利と15%の金利とでは3倍の差があるのです。それではこの差はどうやって決まるのでしょうか。これは実は審査によって決まります。つまり、審査において評価が高ければ金利は安くなりますが、評価が低ければ高い金利が適用されることになります。

大阪で不動産担保ローンを低金利で借りるコツ

不動産担保ローンは、利用者が返済不能に陥った時、金融機関は担保となっている不動産を売却して融資した資金を回収することになります。たとえば、売却した場合に1,000万円の価値のある不動産を担保にして100万円を借りる場合と、100万円の価値の不動産を担保にして100万円を借りる場合では金融機関が負うリスクが違ってきます。金融機関にとってなるべくリスクが小さい方を好むのは当然のことであり、これを審査の中では「保全率」と呼びます。この保全率は融資額を担保価値で割ったもので表され、1,000万円の担保に対して100万円の融資ならば保全率は1,000%となり、100万円の担保に100万円の融資ならば100%となります。そしてこの保全率が高ければ高いほど、適用金利は低く設定されます。つまり、金利を低く抑えたければ、価値の高い担保を差し入れ、借入額を抑えます。そうすることで保全率は高くなり、金利が安くなるのです。
ローンは、信用によっても変わってきます。何度も利用してきちんとした返済をしていれば、それがすなわち信用に繋がります。そのため、ローンを利用する場合は色々な金融機関を使うのではなく、一つの会社を何度も利用する方が良いのです。このように完済実績を積むことで金利が低くなることがあります。
最後に、大きな金融機関での窓口を通してのローンより、インターネット申し込みのローンの方が低金利の場合もあります。これは大手金融機関には実店舗にかかる人件費や諸費用があり、それが目に見えないコストとなって金利に影響を与えているのです。インターネット上で完結する場合は、このコストがかからずに、店舗のある金融機関より金利が安くなるという仕組みです。