大阪での不動産担保ローンにおける保証人とは何か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で不動産担保ローンを組む場合、保証人をつける場合もありますが、保証人とはどのような役割を果たすのか分からないという人もいるでしょう。まず、保証人について知っておきましょう。
保証人には単なる保証人と連帯保証人があります。ともに債務者が返済できない場合、代理として返済の義務を負うという部分は共通していますが、いくつかの違いがあります。まず、債権者が返済を要求してきた場合、保証人は債務者に対して返済請求をするように弁じ立てることができますが、連帯保証人はできません。
次に、債務者が資金やそれに代わるものを持っているにも関わらず返済拒否をした場合、保証人はそれを理由に同じく支払いを拒否できますが、連帯保証人にはダイレクトに支払いの義務が生じます。最後に保証人が数人いる場合は、保証人は返済金額をその頭数で割った金額のみを支払えば済みますが、連帯保証人には人数の頭数に関わらず、全額の支払い義務が生じます。

不動産担保ローンで保証人なしの意味

銀行において不動産担保ローンを申し込むと、保証人は原則として不要ですが、その代わりに保証会社の保証を受けなければならないことがあります。これは信用保証協会の保証に加入することで、保証人の代行をしてくれるものであり、形を変えた保証人ともいえるものです。
しかし、不動産担保ローンの中には、保証会社による保証も不要のものがあります。この中での保証人なしという意味は、第三者保証人を立てる必要がないということです。第三者保証人とは、本人や法人の経営者以外の家族・親族・友人などを指します。これらの第三者保証人が不要ならば、一体、誰が弁済の責任を負うのでしょうか。もちろん、本人あるいは法人が全責任を負うことになります。つまり、保証人なしの意味は、万一弁済ができなくなった場合には、その全責任を本人または法人の経営者が負うということになるのです。

保証人なしのメリット

保証人なしには大きなメリットがあります。まず、大阪で不動産担保ローンを組み、家族や友人を保証人として立てた場合、借入金を弁済できなくなると、その保証人に弁済の義務が生じることになります。さらに、連帯保証人の場合には、家族や友人が多額の借金を背負うことになり、大きな迷惑をかけることにもなりかねません。しかし、保証人なしであれば、その義務は生じず、返済できなくなったとしても、本人あるいは経営者のみに責任は限定されます。
もし、返済不能になった時には、本人あるいは経営者が借金のすべてを背負うことになります。例えば、不動産事業を行っていれば、その事業を再建して返済をすることになります。しかし、借入金の額が大きすぎて返済が不可能な時は、担保を債権者が売却して、その返済に充てられます。
保証人不要ということは、他人に迷惑をかけることなくすべての責任を自分で取ることです。そのために担保を入れるわけですから、当然のことと言えば当然と言えるでしょう。

大阪での不動産担保ローンの築年数と立地条件について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に担保にできる物件としては、宅地や住宅、アパート、マンション、駐車場などがあります。つまり、お金に換えることのできる価値のある不動産が担保にできます。不動産担保ローンの融資を受けようとした場合、自分の持つ不動産が担保となりうるのかどうか、あるいはどの程度の査定をされるのかは、とても気になるところでしょう。もし住宅やアパートなどが担保として認められた場合、その担保となる不動産の築年数は非常に重要になってきます。
まず、簡単に言ってしまえば、評価額が高い物件というのは、「築年数が浅くて立地の良い場所」にある物件です。ですから、例えばいくら立地の良い場所にあっても、「再建築不可物件」の場合には、金融機関によっては担保物件にならない場合もあります。あるいはたとえ新築であっても、過疎地にあるような物件の場合には、担保として認められないことも考えられます。

築年数が古くても評価が落ちない物件

築年数が新しければ新しいほど担保物件としての評価が高くなるのは当然のことですが、築年数が古くてもそれほど評価が落ちない物件もあります。
まず、立地条件が良いことが挙げられます。立地条件が良いということは、それだけ住みやすいということであり、周りの環境も整っていると言えます。住むうえでの環境はとても重要です。例として東京や大阪といった大都市にあり、住環境が整っている場所の物件と、地方の過疎地にある物件とでは評価が違ってくるのは当然のことと言えます。
次に、管理状態が良い物件です。いくら築年数が古くても、それほど傷んでおらず、きれいに使われているものであれば、築年数の古さイコール低評価とはなりません。また、リノベーションなどによって設備が新しくなっていたりする場合も、築年数がそれほど影響しなくなります。築年数が古いマンションでも、中には定期的なリフォームをしているものなどがあります。これらは査定がそれほど下がりません。
大規模マンションの場合、管理費や修繕積立金の負担が大きくなっていない物件なども、あまり価値が下がらない傾向にあります。

リノベーションやリフォームによって価値の下落を防ぐ

大阪において不動産担保ローンを組む場合、その担保となる不動産の築年数は査定にかなり影響を与えます。しかし、そんな築年数の古い物件でもそれなりの評価を得ることができます。それは、リノベーションやリフォームをして設備などを新しくすることです。
ここでより望ましいのは、立地条件が良いことです。立地条件の良い場所にあり、それなりに設備が新しくなっていれば、担保としての評価もぐんと上がります。そのため、価値を上げることでより多くの融資を受けたいと考えるのならば、リノベーションをするのも一つの方法となります。ただし、リノベーションの費用も考慮に入れる必要があることは論を待ちません。